キャッシング審査に大きく影響する個人信用情報とは

キャッシングの審査では、個人信用情報のチェックが行われます。個人信用情報というのは、その人がクレジットやローンなどの信用取引の履歴のことです。個人のキャッシングは、担保物件も保証人も要らない代わりに、本人の返済能力が重要視されます。従って、もし延滞が多いとか、あるいは債務整理などをした場合などに事故情報が登録されると、期日までの返済が不可能な人とみなされるため、お金を借りることがかなり難しくなります。いわゆる、ブラックリストに載るといわれるものです。
もちろんキャッシングだけでなく、クレジットカードの審査などにも利用されます。ブラックの登録期間は通常5年間ですが、自己破産をした人に限り、銀行の利用は10年間できなくなります。また、一度ブラックがついた会社は、その後は通りにくくなる傾向がありますので、ブラックが消えて新しくお金を借りたい、あるいはカードを作りたい場合は、それまで申し込んだことのない会社の物を作るといいでしょう。また申込の前に、個人信用情報機関に問い合わせて、郵送またはダウンロードで、自分の情報を確認するという方法があります。
またブラックがあっても、消費者金融などでは借入ができることもあります。しかしブラックでもOKという業者の中には、ヤミ金もいますので気をつけてください。ヤミ金は違法業者なので高金利でお金を貸し、返済できない時にはかなり厳しい取り立てをします。あまり条件のいい業者からは借りないようにしましょう。また、もし借りてしまった場合は、弁護士に相談するのがお勧めです。