レディースローンの審査は甘いのか

最近は貸金業者に対する規制が厳しくなってきています。そのため、これまで以上に審査の基準が高くなり、利用を希望する人はなかなか通らなくなる一方です。このような厳しい状況の中でレディースローン、つまりレディース専用のローンについては逆にキャッシングの基準が甘くなっているのではないか、つまり通常よりも借りやすくなっているのではないかという声が色々なところから挙がっていますが実際にどうなのでしょうか。これまではたとえキャッシング利用者について貸し倒れが発生してしまっても貸付ける金利を高めに設定しておくことで、貸し倒れ損失を補填することができましたが、法改正により金利をあまり上げられなくなったために、このような損失を補うことができなくなりました。このため、これまでと変わらない基準でお金を貸すことができなくなり、運営方針の見直しさえ行う必要がある業者も出てきたほどです。ただそうは言っても、貸し出す基準を厳しくするだけでは逆に利益が発生する機会を無くしてしまうことになります。そこで男性よりも貸倒率が低い女性に注目しました。もうグレーゾーン金利を設定できない以上、これからはより貸倒リスクの低い人を集めて利益を出す方針で行きたいという考え方が業者にあるのかもしれません。そのため、最近は女性を対象とした専用のサービスを展開する業者が増えているのであり、結果的に融資する判断基準が甘いと言われている理由なのです。